早起きは3文の得

早起きは三文の得?の本当の理由


朝起きれない??

「早起きは三文の得」とよく言われますが、これは、朝早く起きることは、健康に良いとか、勤勉な証拠として世間の評価が上がるとか、とにかく朝早く起きると何かしらの得があるという意味です。
そんなこと言ったって太刀打ちできないよ~?なんて声が聞こえてきそうですが・・・




早起き挫折の傾向と対策

早起き3日坊主のビジネスマンにありがちなのは、目覚まし時計に依存しすぎる。退社時間が遅いなどの挫折原因がある。また、張りきり過ぎののロッケトスタートも、結局は目標倒れになってしまうことが多い。
起床時間ばかりに目が行って、就寝時間に気が回らないことも。起床時間と就寝の時間はセットで考えるべきですよ!

早起きのメリットを自覚してみて!

対策法としては、決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。カーテンを開けて光を浴びましょう。そして、目覚めのストレッチ!大事なのはベビーステップです。最初は無理せず、小さな一歩、比較的簡単なことから始めるのが、継続と習慣化のポイントです。
日中を活動の中心に置くことで、健康面にプラスをもたらすことになります。

お金がかからない朝活

早起きでビジネス上のメリットも得ることができるのです。
そこで注目されているのが、

朝活

朝活ってみなさん知っていますか?




自分の人生を充実させるためにポジティブに朝動き回ろうという活動全体を言います。
朝は一日のうちでもっとも判断力を発揮しやすい時間帯です。最近はビジネスマン同士で朝食会などを行っている。
酒の入っていない飲み会などと違い、朝食会だと費用も割安。1000円未満で可能です。
成功している経営者、ビジネスマン、アーティストは、みな例外なく早起きです。
彼らにとって朝は実は一番のゴールデンタイムなんです。

早起きする人は年収が高く、貯金が多い理由




まず、朝型と夜型であることと、年収の関係を見てみよう。
年収400未満では朝型人間が3割程度であるのに対し、
年収900万円前後では5割近くが朝型。
年収1400万円では6割以上が朝型という結果になった。

貯金額の違いはもっと鮮明だ。
貯金ほとんどゼロ(1000万円未満)層だと、朝型人間が約2割、
夜型人間が役5割であるのに対し、
貯金5000万以上では、朝型が4割、夜型が2割と、ほぼその比率が逆転している。
http://president.jp/articles/-/15279

つまり・・・

朝型の人は夜型の人に比べ、平均的に「年収が高く、貯金も多い」のだ。

「早起き」は健康になり、ビジネスメリットもあり、年収が高く貯金も多い。
それでもあなた、夜更かししちゃう?




コメントを残す