日本銀行本店

アホでもわかるマイナス金利の話


まずは、マイナス金利ってなに???






NHK NEWS WEBより

1月29日、日銀は、日本で初めてマイナス金利政策の導入を発表し、2月16日から導入しました。
金融機関は、預金を預金者にきっちり支払うことができるよう、日銀の当座預金に預金することが法律で義務づけられています。
しかし、大規模な金融緩和のもとで、金融機関は余った大量の資金を日銀に預けていて、日銀はこの部分に0.1%の金利をつけていました。
日銀は、当座預金の一部の金利について、2月16日からー0.1%に下げることを決定しました。

上記が、マイナス金利政策の中身ですが、端的に言うと、日銀の預金金利がマイナスになっているということです。

我々が銀行にお金を預けたら、金利がつきますよね?

銀行も、銀行の銀行である日銀にお金を預けると利子がついていたのです。

従来であれば金融機関が日銀に預金すると当たり前のように金利がついていました。

それがこのマイナス金利政策が導入されることで、日銀が各銀行より当座預金で預かっている一部の預金の金利をマイナスに引き下げてしまったということ。
つまり、銀行が日銀の当座預金に余分なお金を預けると、ペナルティーとして「手数料」を取るというものです。

えっ??じゃあ、日銀にお金預けなくなるじゃん??

そうなんです。

日銀側、というか政府側は銀行にあるお金を日銀に預けてほしくないのです。

じゃあどうすのかっていうと、銀行のお金を






・貸し出し
・投資

に回すよう促し、

・経済の活性化
・デフレ脱却

につなげようというねらいがあります。






要するに・・・

従来の安定的な運用先だった日銀が、運用成績がマイナスになるということになってしまったので、
別のところで運用しなければならなくなったということになり、
貸し付けや投資などに回していくということになったというわけです。

要するに、不安な将来を見越して、お金を貯めこむ癖のある人たちにお金を貸して、

”借りたお金でいろいろ消費して、経済を回しちゃってよ”

という金融政策なわけですね。

感じるところ・・・

総じて、このマイナス金利政策のいいとこ、悪いとこ外貨になります。
・マイナス金利のいいとこ
住宅ローン金利の低下
事業資金など借入金利の低下

・マイナス金利の悪いとこ
国債利回り、定期預金金利の低下
株式、不動産のバブル懸念

日銀は、必要な場合はさらに金利を下げるとも発表しているので、今後の動向にも注意が必要です。

マイナス金利の導入により、これまで以上に、安全にお金を増やすことが難しくなっています。あまり考えたくはありませんが、「自分のお金を減らさない方法」を探さなければならない時代が来るかもしれません。






要するに・・・

コメントを残す