総量規制

年収の3分の1以上借りることが出来るってホント??


知っていましたか?

平成18年の貸金業法の改正に伴って、グレーゾーン金利の見直しと、総量規制がしかれました。
この法改正から、グレーゾーン金利で借金をしていた人たちが、返金申請をすることが出来てワイワイにぎわっています。
その一方で、いろんな事情があり、すぐにお金が必要だという人がお金を借りられなくなった現状もあります。

それが総量規制です。”年収の3分の1以上借金を作ることが出来ない”と考えがゆえに、
極論を選ばざるを得なかった人もいたそうです。

“年収の3分の1以上借金を作ることが出来ない”なんて、そんなことはありません。

”極論を選ばざるを得なかった”、そんな人を増やさないためにも、ぜひ知ってほしい情報です。




はじめてのキャッシングやローンをお考えの方へ・・・

あなたは、はじめてお金を借りなければいけないと思っていることでしょう。
しかし、どうしていいかわからない。
こんな質問を誰に聞けばいいかもわからない。
CMでいろんな会社を見るけど、よくわからないし、正直怖い。
そんなことを思ってこのページにたどり着いたのではないでしょうか?

でも大丈夫です。

思いがけなくお金が必要になってしまった時、実はカードローンや、キャッシングを利用することで対応することができるかもしれません。

以前までは、サラ金という言い回しが存在していたくらい、消費者金融を使う人はサラリーマンが大半でした。
しかし今では、サラ金などという呼び方はされておらず、もっと手軽にお金が借りられるようなサービスに様変わりしているのが現状です。

現状を知らない人が多すぎる!!

周りを見渡せば、実は手軽な状況があるにもかかわらず、たいていの人は、毎月の収入が安定している正社員でない限り、キャッシングやローンの申し込みをしても断られるのではないかと思われています。

そんなことはありません。

月々の収入がある程度安定していれば、必ずしも正社員で働いていなくても、今ではキャッシングを利用することができます。
パートで働いている主婦で、毎月の収入が一定水準で安定していれば、貸したお金を返せると判断されます。

自分が働いているわけではない専業主婦は、消費者金融会社の審査には通らないかもしれませんが、銀行なら融資が得られるかもしれません。

キャッシング会社の中には、無利息での融資を条件つきで行っているところがあります。
初回貸付の時や、短期の小口融資の場合に該当します。
各消費者金融会社がどんなサービスを取り扱っているかは違っていますので、インターネットの比較サイトなどを使って情報集めてみるのもいいかもしれません。




消費者金融での総量規制・・・

しばらく前に貸金業規制法が変わったことで、キャッシングや融資を希望する人の年収の3分の1以上は貸付ができなくなっています。
このカードローンやキャッシングの法改正によって、収入の無い人には貸すことができないようになりました。

しかしこの貸金業規制法が適用されるのは、貸金業の方だけ!
この法律は消費者金融会社にのみ適用されているのです!!

要するに銀行であれば、専業主婦に対して融資をすることが認められているのです。
究極困った際にここにトライしてみない手はありません。
悩んでいるだけで解決することは全くありません!
まずは、行動あるのみ!!
ダメ元精神でやってみるのもいいかと思います。

ただ、無理にお金を借りるのは考えモノです。
”ご利用は計画的に”
は、鉄則ですね^^



コメントを残す